たまになぞらえ日記帳

世にに明るいメッセージを発信します。  

About me

Neque porro quisquam est qui dolorem ipsum quia dolor sit amet, consectetur, adipisci velit 同様に、悲しみそのものを、それが悲しみであるという理由で愛する者や、それゆえ得ようとする者は、どこにもいない。

スポンサーサイト

Posted by 市井の忘れ草 on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第1242回「家族旅行の予定はありますか?」

Posted by 市井の忘れ草 on   4 comments   0 trackback

こんにちは。 トラックバックテーマ担当の加瀬です。今日のテーマは「家族旅行の予定はありますか?」です。皆さん、今年の夏は、どのようにすごされる予定でしょうかもう計画は立てられているのでしょうかステキな夏をエンジョイできると良いですね加瀬は、今年の夏、母と旅行に行ってきます家族みんなで、ではないですが、母の日のお祝いが出来なかったので、母が行きたい所のリクエストに応えて、一泊二日楽しんでくる予定です...
FC2 トラックバックテーマ:「家族旅行の予定はありますか?」



 なかなか、我輩も歳を重ねると、ちょっとした「ところ」へ出かけるにも出かけられないのが現状です。60歳近く齢を重ねると、娘、息子もそれぞれに、親というものは煙たい存在になっていくのでしょうか。
 本当は、親というものは家族で温泉につかり、日々のうっとうしさを忘れ、家族で日ごろ話をできない申し訳なさを侘び、行きたいと言うところに連れて行ってやりたい感情、気持ちのあるのも事実です。
 息子は26歳、娘は22歳、年頃なれど、「自分」というものを自覚しているのでしょう。子供は子供なりに、旅に出れば金がかかることの、遠慮もあるのかも知れません。
 娘や息子が考えが変われば、また流れも変わるのでしょうか。見通しが立たないといえば、そうでもありますし、前向きに考えれば、案外、家族旅行は「すぐできる世界」なのかも知れません。まあ、ここしばらくは我慢をしますか。

 まあ、今年の家族旅行は無理として、来年は、いい年にしてあげて、「家族全員」で「温泉旅行」としゃれ込みたいものです。わたしゃ、今年のところは、無理として、近場の「回転寿司」にでも、「家族全員」で出かけるとしましょうか。

 というところで、今日も写真は「宇賀渓谷の渓流」の一枚といたします。渓谷の流れの一瞬を撮ったものですが、川の流れの中に一瞬、陽の光が差し込み、水の流れが一瞬、金の糸状に流れる「さま」がなんとも言えず、掲載をしてみました。ちょっとした、いい感じに作品が仕上がりました。

うが渓谷3

まあ、
美空ひばりさんの歌「川の流れのよう」に、人生はうまくいくもんじゃありません。やはり、渓谷の流れに併せて言えば、平坦な流れのように人生うまく流れるときもあれば、急流の流れのようにめまぐるしく「流転・流転」の時もありゃ、流れに「陽」が射し込み「人生の流れが脚光を浴びる」時もありゃ、単調でも平凡に流れてすむときもあれば、滝つぼに足も体も取られて身動きできないときもあるのです。

 どんなときがいいかって、そりゃあ、「やっぱし」…「陽」の差し込む流れの中にあるときが一番良いに決まってますよ。写真の一枚にも、見るとき、観るときで思う感情は違うものです。

 五木寛之さんのいう「大河の一滴」の心境にはなれませんが、これからも、平凡に単調に乗り切れていくとよいのですが、そうは行かないでしょうね。やはり、平流あり、激流あり、滝つぼ落下ありの中で生きていかなくてはならないのでしょうね。でも、だから人生はおもろいのかも知れませんが。

 こんなことを思っているとまだまだ、修行が足りないようで。(おそまつ)案内
 
 最後に、「滋賀ブログ仲間による風景写真展」のご案内です。小生もはじめての参加・経験になりますが、この8月9日(火)~14日(日)AM9時~PM5時まで、滋賀県大津市の生涯学習センターギャラリーで、「滋賀ブログ仲間による風景写真展」を開催させていただきます。撮影地やブログなどで知り合った仲間が、ささやかですが、「写真展覧会」を開催させていただきます。・・・ので、お越しください。
 大津市生涯学習センターは、〒520-0814 大津市本丸町6番50号(077-527-0025)
京阪電鉄石山本線「膳所本町」下車徒歩7分・膳所公園の近くにあります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

Comment

びわこ大ナマズ says... "No title"
こんばんわ。
訪問の足跡、記させていただきました。
万葉人さんの主となるブログサイトは、こちらでよろしいのでしょうか?
リンクさせていただきたいと思います。
2011.07.26 00:18 | URL | #- [edit]
近江万葉人 says... "No title"
アクセスありがとうございます。
2011.07.26 00:44 | URL | #- [edit]
ヤマト君のパパ says... "No title"
ご無沙汰しておりました。
小生にも同じ年頃の子供がおりますが、似たようなものですwww
まーしかし、その子供たちが子を持つようになると、また状況が一転してくるのであります。

まるで絹糸のような清流は、暑さを忘れさせてくれます。
ひとときの癒しに感謝いたします。
2011.07.26 08:31 | URL | #DL7C8m6w [edit]
住職さん says... "Re: No title"
アクセスありがとうございました。年を重ねるほど、複雑な思いも重ねていくようです。写真、気に入ってもらえてよかったです。
2011.07.31 22:07 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hibiuturoi.blog82.fc2.com/tb.php/102-8b817107
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。